マッチングでハコベルもの。

ネット印刷のラクスルが12月3日に新しいサービスを始めた。名前はハコベル。配送サービスなんだけど、面白い。

サイトで登録して配送先とかを選ぶと取りに来てくれて、届けてくれる。、、、これだけだったら「今ある運送サービスと変わらないじゃん。」って思っちゃう。

なんだけど、違うのはタイトルにも書いてあるけど、ハコベルが担ってるのは運送業じゃなくてマッチングサービス

どういうことかって言うと、運送を頼むユーザー側は他の配送とシステムは変わらないけど、違うのは「運ぶ側」

従来の運送サービスは自社で配送する人材を雇用してやってたんだけど、ハコベルは自社では持ってない。その代わり他の運送業者が登録して、配送の注文が入った時に一番近くの空いてるドライバーが取りに行くっていうシステム。その分、安い配送料と短い運搬時間が実現できてる。

既存の業者の空き時間をうまいこと活用してビジネスにするってあたりがラクスルの印刷の方のサービスと一緒だね。

あと、法人がメインのターゲットみたいだけど、サイトがレスポンシブデザイン(パソコンだけじゃなくて、タブレットとかスマホとかの表示にも対応してること。)になってたり、アプリがでてるのは時代がどんどんモバイルに移行してるのを意識してるのかな。

運びたいものを安く、速くハコベル。

、、、キャッチコピーっぽいものを考えてみた。

参考:ハコベル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です