BIC SIM1ヶ月レビュー。

先月、キャリアの契約更新月だったので機種を新しいものに変えるついでに気になってたMVNOに変えました。使い始めて大体1ヶ月たつのでレビューを。

今まではずっとキャリア使ってたんですけど、支払いが自分になったこと(最近じゃないけど)と、MVNOの企業が割と数でてきて気になったので変えました。

契約したのはBIC SIMの5GBのプラン。SIMだけの契約でiPhone 6sのSIMフリーをApple storeで購入して、APNとかの設定は自分でやった(といってもダウンロードしただけ)。

ON/OFFできる「クーポン」

BIC SIMはIIJという会社のものを利用してるんですけど、IIJの契約だと高速通信は「クーポン」というかたちになってて、ON/OFFができるようになってる。(下り最大225Mbpsと200kbps)

大学にいる時とか、一日通知しか受け取らない(スマホ触ることが少ない)日とかはこれでオフにしておくだけで無駄な高速通信をしなくてすむ。

 こんな画面でON/OFFができる。(ちゃんとこういうところに載っけれるように電話番号とかにモザイクがかかる「プレゼンテーションモード」ってのがあるところに、IIJの認知拡大の努力が感じられる。)

次の月まで繰り越せるクーポン

前の月にクーポンが余れば余った分の高速通信は次の月の末日まで利用できるの。これ、容量を無駄遣いしてる感がなくて良い。

通信速度について

あと、MVNOにしようか迷ってる人にとって気になるところであろう(僕はきになってました)通信速度について。

数字で何Mbpsとか言っても、自分があんまりピンとこないので体感で。

まず、結論からいうとお昼以外は、今までのキャリアとほとんど差を感じない。

ただ、お昼はやっぱり回線が混むようで、測定とかしなくてもわかるレベルで遅い時がある。文章多めのサイトとかTwitterの文字のところの読み込みはすぐだけど、画像とかはちょっと時間かかるかな。特にインスタやってる人はよく分かるレベルで読み込みが遅くなるね。

まあ、この時間に学校や職場、自宅のWifiにつなげる環境なら、ほんとに日常つかってて通信速度の遅さが気になることはほとんどないと思う。

僕はiPhone使ってるけど、ほんとに月々の料金を抑えたかったら安いAndroid端末を購入すれば、人によっては今までの半額で使えるとかも望めそう。

もし、僕が今AndroidのSIMフリーで購入するとしたらNexusシリーズか、ASUSのZen Phoneシリーズか、HuawaiのP8 liteとかP8 Max、Mate Sとかかなあ。ココらへんが僕がAndroidでデザインがかっこいいと思うのかな。Zen Phoneは比較的安価だけど、Huawaiのは高いのもあるので、値段とかは各々調べて下さい。

 

あと内容とは関係なくてどーでもいいんだけど、こういう系の投稿のアイキャッチ画像(一番上の)は極力自分で撮影した写真にしようと思う。撮影の練習にもなるしね。てことで、今回のは自分で撮ったやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です