1BlockerでSafariの広告Block。

iOS9になってからsafariで表示される広告がブロックできる機能つきました。

これ自体は知ってたんですけど、実際にブロックするためにはアプリを入れないといけなかったみたいで、、、(笑)友達から教えてもらったのでダウンロード。

広告ブロックのアプリも今はたくさんあるみたいですが、その中でも無料でダウンロードできるものを見つけました。それが1Blocker。

1Blockerの使い方は簡単。

使い方

まずはAppStoreで1Blockerをダウンロード

その後ホーム画面から

「設定」→「Safari」→「コンテンツブロッカー」→「1Blocker」の項目をオンにする。

1Blocker 2

これだけです!

これでSafariでWebサイトを見ている時に画面内に表示される広告が消えるんです。

他にも、1BlockerではTwitterのウィジェットをブロックしたりもできますが、広告ブロックの機能以外をブロックしようと思ったらそこはアプリ内の課金があります。

とはいえ、Webサイトを見ていて広告が無料でブロックされるだけでもありがたいのでは?

広告がブロックされればその分の通信容量も減りますしね。

1Blocker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です