無料じゃなくなったけど、BetterTouchToolがないと無理!

先日無料プランをやめたBetterTouchTool。Macのトラックパッドの操作を拡張するツールなんですが、無料じゃなくなったんですけど一度消してみたら自分がどれだけ頻繁に使っていたかよくわかって「やっぱりないと無理!」となったのでご紹介。

BetterTouchToolについて

冒頭にも書きましたが、Macのトラックパッドを拡張するアプリケーション。Mac App Storeで配布されているものじゃなくてオンラインで配布されているものなんですけどほんとに便利。ないと生きてけません(笑)。最近無料ではなくなってPWYWという課金システムに。

PWYWって?

と僕も思いました。「Pay What You Want」の略だそうです。つまり、「あなたが払いたい金額を払ってね」ということです。ただし条件があって

  • 最低3ドルは支払うこと
  • 以下の場合には支払いを免除
    • MacアプリBetterSnapToolを購入した人
    • iOSアプリBTT RemoteのPro版(アプリ内課金)を購入した人
    • ここ数年の間にBTTに寄付してくれた人
    • 1~2ドルを払うことが出来ない人

AppleちゃんねるBTT公式ブログより)

僕は今回このPWYWになって、iOSのBTT RemoteのPro版を購入しました。iOSのRemoteを使ってみたかったのもあるのですが、もうひとつの理由として、MacのApp Storeに掲載されているアプリではないので決済が何となく面倒くさそうだなと思ったのでこの購入方法を取りました。てことでiPhoneやiPadからMacの操作ができるようにもなりました。

使い方

設定すれば色々使い方はありますが、とりあえずの使い方ご紹介。

まず公式サイト(2016年1月末までは無料とのこと)からダウンロード。

アプリを起動するとBetterTouchToolのアイコンがメニューバーに出てきて、それをクリックして出てきたメニューの中から「Preference」をクリック。すると下のような画面が出てきます。

  1. まず、左側からBetterTouchToolのジェスチャーを使いたいアプリを選択します。リストにない場合は下の「+」を押すと追加でき、Mac全体を通して使いたい動作(例えば音量の調整など)は一番上の「Global」を選択。
  2. 次に「Add New Gesture」をクリック。
  3. 最後にその下の欄で登録するジェスチャーとそのジェスチャーをした時に動作するショートカットなどを設定します。

スクリーンショット_2016-01-28_12_41_58

僕の設定

一例として僕がBetterTouchToolで登録しているジェスチャーを紹介

全体:

  • 2本指を置いた状態でその右(左)をタップ→音量を上げる(下げる)

Google Chrome:

  • 4本指でクリック(カチッとなるまで)→新しいタブを開く
  • 4本指でダブルタップ→現在のタブを閉じる
  • 2本指をトラックパッドにのせた状態でその右(左)をタップ→右(左)のタブへ移動

などなど、設定をしようと思ったらジェスチャーもそれに伴う動作もかなりの数あるのでほんとにトラックパッドだけで何でもできちゃいます。

BetterTouchTool

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です