くじのまにまに旅@和歌山県伊都郡〜2日目〜

台風ががすごい感じだったんですけどなんとか帰って来れました。と、言うことで2日目の記録!

前回:

くじのまにまに旅@和歌山県伊都郡

朝のお勤めと精進料理

朝のお勤めが7時からだったので6時45分頃起床。お勤め後、お寺の本尊のお話を聞いて、そのあと朝ごはん。

img_5264

こんな感じの精進料理。今日は撮り忘れなかった!(笑)

かさ国の和菓子

宿坊をチェックアウトした後、高野山駅まで向かおうと思ったんですけど、バスが来るまで時間があったので近くの和菓子屋さんでちょっと休憩。

Processed with VSCO with a5 preset

店内で食べれるところがあって、上の写真みたいに一個づつ買えるのはどれも100円強くらい。他にもおはぎとかもありました。僕が買ったのは四角い方が「六方焼き」、丸い方が「やきもち(草)」です。

どっちも美味しいお菓子でした!

ちなみに写真に写っているお茶はセルフで、店内で食べるなら無料でいただけます。

九度山駅

バスで九度山駅まで向かってそこから機能と同じようにケーブルカーで下って、九度山駅へ。

img_5292

高野山駅は霧がかかってこんな感じでした↑

九度山町は真田幸村のゆかりの地らしく、駅名のところにまで真田家の六文銭があったり街中の至る所に真田ののぼり旗が立ってたりしました。

img_5279

 

友達が教えてくれたのですが、「九度山」という地名は、その昔空海が九度山にあった慈尊院というところにいる母親に月に9度会いにきていたことからこの地名になったそうです。

道の駅・柿の郷くどやまでお昼!

本当は駅の近くのグラタンカフェというグラタンの専門店のお店に行きたかったんですけど、まさかの定休日(泣)。まあ調べて行けってはなしなんですけどね(笑)。

このあたりから台風16号が和歌山県に接近してきて雨脚が強くなってきたので、屋根があってご飯が食べれるところに行こう!となって地図を見て近くにあった道の駅・柿の郷くどやまへ。

「柿の郷」という名前なのですが九度山町は「富有柿」という柿の名産地だそうです。(帰ってきてから親に聞いたら知っていて結構有名みたいです。)

Processed with VSCO with kk2 preset

ベーカリーでパンを買って食べたんですけど、一番左奥に写っているのが「柿パン」。これが美味しかったんですよね〜。胡桃が練り込んである生地に、レーズンと柿が入っているパンで、柿は柔らかめの干し柿みたいな食感です。

真田ミュージアム

お昼ごはん後は、近くにある真田ミュージアムへ。真田幸村親子の生涯や前後の歴史の話、また今やっているドラマ真田丸の特集展示もやってました。

img_5293

提灯の傾き具合で風の強さがわかると思います、、、。

ちなみに真田ミュージアムの入館料は大人一人500円です。

台風、、、

真田ミュージアムを見学し終わった後はいよいよ雨風が強くなってきたので帰ることにしました。

行きと同じルートで帰ろうとしたのですが、途中の電車が台風の影響で運転見合わせになっていたので、九度山→橋本→難波(大阪)→名古屋という感じで帰ってこれました。

 

旅行を終えてみて

今回くじで行き先を決めるという企画で、最初は「なんにもない所とかだったらどうしよう」とか若干不安に思っていたんですけど、実際に行き先が決まるって調べてみると見るところも、泊まるところも、食べるものもいっぱいあって、今回行った和歌山県伊都郡も時間があっったら他にも行ってみたい所が沢山ありました。

普通に旅行したいって雑誌とかで行き先を決めるのもいいけど、こうやってランダムにきめるのも自発的には行かないところに行けるっていうのがこの旅の楽しいところだなって思いました。

みなさんもよかったら是非くじのまにまに旅やってみてください!楽しいよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です