Twitterのリンク先の表示方法、変わった?

こないだ自分のiOSの純正のTwitterアプリをアップデートしてからツイート内のリンクを踏んだ時の表示のされ方が変わってました。内容とか、戻し方とか。

こう変わったよ!

試しに前回の記事を例に取ると、

img_5700
これが
img_5699
こう。

こんな風に変わってます。これ実はiOSのsafariにもついてる機能で、「リーダー機能」ってやつです。サイト上の装飾とかを取っ払って表示を最小限にしてくれる機能です。

変わって良かったこと、困ったこと。

良かったこと

このモードは上で述べた通りsafariにもついてる機能で、表示を最小限にしてくれるので、特に沢山のサイトを見る人にとっては通信料の削減に繋がります

困ったこと

僕が見た限りだとサイトによっては表示が崩れてたり、上手に表示されてない(画像が表示されないなど)こともあるのが若干不便。

あとは僕の個人的な好みなんですが、サイトによってはこのサイトのデザイン好き!っていうのもあったりするのでそれまで端折られちゃうのは(というかそもそもそういう機能なんですが(笑))ちょっと残念だったり、、、。

今までと同じ表示に戻す方法

まずはTwitterのプロフィール画面から歯車のマーク→「設定」を開き、

1.画面表示とサウンド

img_5701

2.「リンクをリーダー表示で開く」をオフにする

img_5702

これで今までと同じ表示に戻りました。逐一サイトでリーダー表示をオン/オフに変えたい場合はブラウザの横線が入ってるマークをタップすると切り替えれます。

img_5699

※Twitterだと、「リンクをリーダー表示で開く」がオンの状態だと、このマークでオフにしてもしばらくすると強制的にリーダー表示に戻されるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です