iPhoneがバグって色々強制ログアウトさせられたお話。

先日の話なんですが、使用中だったアプリがフリーズしたため、iPhoneをホームボタンと電源ボタン長押しで再起動したらバグっちゃったので、そのお話と治ったお話。

※同じ症状が出ていてもこの手順で必ず治るかどうか僕も責任は持てないので、心配な方はサポートまで問い合わせることをおすすめします。あくまでも僕はこの方法で治ったよってことで読んでいただければ幸いです。

事の発端

その時何使ってたか正確に覚えてないんですけど、確かInstagramを起動したらフィードが表示されないまま固まってしまったのでホームボタンと電源ボタンを長押しして再起動しました。

で、再起動したまではよかったんですが、その後LINEやTwitter、Facebook、などがアプリを終了する毎に強制ログアウトさせられてしまって、iOSのシステムの方だとWifiやメールのアカウントなどはパスワードがあってるのに使用できないという状況に陥ってしまいました。

Twitterとかはいいんですが、LINEを強制ログアウトさせられたのは痛い。。。

とりあえずサポートに連絡

だいたいいつもは自分で調べてなんとかするんですけど、今回ばかりはなんともなんなかったので、Appleのサポートセンターに電話しました。

それで、たまたまだったんですが、その時対応していただいたオペレーターの方がこの状況になった人の対応をしたのが僕で二人目で、前にも同じ様な症状の方がいたらしいです。

結論から言うと、もしこの状況になった方がいたら

iOSを最新のものにアップグレードして治りました(2017/02/24現在はiOS10.2.1が最新です)

ただここで困った

僕の場合、最新のiOSが本体にダウンロードされてたんですが、インストールするのにもWifiを接続していないといけないらしく、上に書いたとおり、この時Wifiにも入れなくてインストールできませんでした。

なので、Mac経由でアップグレードすることにしたんですが、今度はMacにiPhoneを接続してもMacのiTunesがiPhoneを認識してくれない。。。(涙目)

サポートの方も色々考えてくれ、結果的にiTunesから一度iPhoneのバックアップデータを削除して、もう一度接続したら認識してくれました。

バックアップデータの削除の仕方(Macの場合)

  1. メニューバーの「iTunes」→「環境設定」を選択
  2. 「一般」「再生」などある中から「デバイス」を選択
  3. 該当iPhoneのデータを削除

これで削除した後、iPhoneを接続したらうまく反応してくれました。で、反応すると、ポップアップでアップデートができるよ!っていう内容が出てくるんですけど、ここでこのままアップデートしちゃうとバックアップデータがないままアップデートしちゃうので、この場ではキャンセルして、

この「今すぐバックアップ」を選択した後、アップデートしてください。

最後に

今回こんな状況になって初めてAppleのサポートセンターに問い合わせたんですが、丁寧に対応していただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です